JAGUAR(ジャガー) コンピューターミシン KC200

ミシン初心者の私が娘の為にミシン購入を決めたのは2月
価格も手ごろなものから高額なものもあり
ミシンって何を選べばいいのかわからない・・・
入園準備目的だったのであまり日にちもない
やっと購入したミシンはジャガーでした

目次

  • ミシン購入のきっかけ
  • 初心者向きのミシン
  • 初めてのコンピューターミシン
  • 作品

ミシン購入のきっかけ

娘の幼稚園入園準備品を手作りするために2月にミシン購入を決定。
家にあるのミシンはおばあちゃんから貰った数十年前の古いミシンで
まっすぐしか縫えないうえに、下糸がよく絡まるんです。
娘が幼稚園に入園すると、初めての制服と体操着
みんなと同じものなので名前を書いてるだけだと3~4歳の子供たちには
自分の持ち物がわからなくなって泣いてしまう子もいるようです。
アップリケや刺繍を付けて自分のものとわかる目印が必要ですし
バッグやシューズ入れも何かとオリジナルなものがいいのかな?
それと、娘へ素敵な母ちゃんアピールの為でもありますね☆

初心者向きのミシン

ミシンと一口に言っても数種類あります

  • 電動ミシン
  • 電子ミシン
  • コンピューターミシン
  • ロックミシン
  • 職業用ミシン
  • 工業用ミシン

ミシン初心者の不器用な私にはどんなミシンがいいのか?
操作をパネルやボタンを押すだけで設定できる【コンピューターミシン】
がいいようですが比較的高額なものが多く中には
10万円を超える本格的なミシンもあります。
使う頻度が少ないのでできるだけ価格を抑えたい私は
「JAGUAR(ジャガー) コンピューターミシン KC200」を購入しました


価格は13000円とお安く
初めてコンピューターミシンを使う私にもピッタリのお手頃価格です。

機能的にも自動糸通しや厚地布の重ね縫いもできるパワフルソーイングもあり
使い勝手もよさそう。
初心者には自動糸調節が付いているといいようです。
自動糸調節は、布の厚さや種類にによってミシンが自動的に最適な糸調子に設定してくれる機能で糸調子があっていないと縫い目が汚くなります。
以前使っていた古いミシンはこの糸調子ができなくて
何度も縫い直してイライラしてました。
初心者には糸調節を整えるのは難しいようです。
今回購入したミシンでは上糸の調節をメモリででき簡単に調節できました。

初めてのコンピューターミシンを使ってみた

ミシンは大きくなく6kgと少し重量があるので
縫っている途中でミシンが動いたりなどの心配はなかったです。
薄いミシンカバーが付いてて誇りがかぶるのを防げるようになっています。
取扱説明書は薄かったけど十分解りやすかった
(DVDの説明書も付いていたけど見ていません)

初めて使うコンピューターミシンにおどおどしながら
下糸を巻き、ボビンケースに入れて下糸セット。
上糸も順番通りに通し自動糸通し器で簡単に糸通しでき
準備段階はスムーズにできました。
始めはノーマルなまっすぐ縫いをしてみます。
音も割と静かでした。
速度メモリは『ゆっくり』に合わせるとフットコントローラーがなくても
ゆっくり縫えて、縫い始めは更にゆっくりスタートしてくれるので
慌てなくていいですね。
『ユックリボタン』や『返し縫ボタン』が便利で今回よく使いました。
別売りのフットコントローラーを使うともっと楽に使えるかなと
思うところもありました。
布送りも基本はスムーズで手は添えるだけという感じですが
生地を引っ張りすぎると針が折れてしまいますので注意が必要です。
私も2本針を折ってしまいました・・・
普通の生地、キルティング生地、ラミネート生地を使ったのですが、
キルティング生地とラミネート生地は縫い始めの布送りは少し送りづらそうでしたが
生地の真ん中あたりではスムーズに縫えて問題なしでした。
今回キルティング生地2枚、ラミネート生地を4枚の厚地布の重ね縫いも
慎重に『ゆっくりボタン』でパワフルに縫えました。
30種類の縫いパターンがあり、今回は布はじの処理などに
ジグザグ縫いなどが重宝しました。


購入前は「飾り縫い」なども無くてもいいかなと思ってたけど
使ってみると簡単で出来て仕上がりの見栄えもさらに上がるので
色んな飾り縫いも試したくなっちゃっいます。

   

今回使った飾り縫いは11番です


少し糸が絡まることもありましたが、それは私の使い方が悪かったようなので
慣れていけば改善されていくと思います。

作品

3日間、9時間ほどの作業で出来上がった
娘のレッスンバッグ、シューズ袋、食事袋、お弁当袋は
予想以上に良い出来栄えになりました。

シェアする

フォローする