コスパ最強!19,800円でメモリ3G、画面5.5インチ、DSDS対応のSIMフリースマホ、G07爆誕!!

G07の特徴は、3万以上はするスペックを持ちながら、価格が2万円に収まっており、なおかつ、今後の主流となっていくと思われるDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)の機能を持つ、数少ない機種の一つなのです。

先日、Priori4の記事を書きましたが、実は私が現在メイン機で利用しているのはPriori4ではなく、このG07を利用しておりますので、レビューさせて頂きます。

詳細は追って詳しくご説明致します。

G07開封の儀

G07の外箱です。
薄型でシックなイメージの箱でした。

中はこんな感じです。
もう貼っちゃっておりますが、フィルムがついていたのが嬉しかったです。

本体の裏面です。
隣のはフレキシブルカバー(別売)です。
※当ページの最下部にこのフレキシブルカバーの紹介もあります。

カバーを付けた裏面です。

表面です。

SIMスロットです。
デュアルSIMだけあって、当然2枚SIMが刺せます。
(ナノSIMとマイクロSIMです)

SIMを乗せた状態です。
この方向のまま、本体へ突き刺します。

最後に、手にもったイメージです。
私の手はそんなに大きい方ではありませんが、5.5インチでも十分片手で持てる大きさです。

如何でしたか?
ざっくり説明で申し訳ありません(笑)
実際に利用中のスマホですので、あまり綺麗な状態でなく申し訳ありません(笑)

見た目については、沢山の言葉を並べるよりも、沢山の画像を見て頂く方が良いかと思いましたので、沢山の画像を貼らせて頂きました。

G07の詳細レビューは、下記よりスタートです!

G07ってそのそもなんて読むの?

G07の読み方はなんて言うんでしょうね?
「ジーゼロナナ?」「ジーゼロセブン?」「ジーセブン?」
私はジーゼロセブンと今でも呼んでいますw

でも違います。
グーマルナナ」が正解のようです。
全ての読み方が異なります・・・w

goo(グー)のスマホなので、グー、あとは0がマル、7がナナと読むのですね。
可愛らしい呼び名ではありますが、如何せんパッと出辛い呼び名ですので、私はもっぱらジーゼロセブンと呼んでおります。

G07の性能はどこが凄いの?

G07の性能の凄さをご紹介しましょう。
下記の表がG07のスペック詳細です。
私が特に注目した箇所に黄色いアンダー線を引いてみました。

製品名 g07
型番 CP-J55a
本体カラー ホワイトパネル / ブラックパネル
OS Android 6.0 marshmallow(Android7.0 アップデート対応保証)
CPU MT6750T オクタコア / Cortex-A53 1.5GHz ×4、1.0GHz ×4
ROM/RAM 32GB / 3GB
外部メモリ micro SD/SDHC/SDXC / 最大128GB
サイズ 約152×75.6×7.9 mm
重量 約150g
ディスプレイ 5.5インチ、 Full HD IPS液晶、1920×1080、Dragontrail®強化ガラス
カメラ アウトカメラ:1300万画素
インカメラ:800万画素
バッテリー容量 3,000mAh
ネットワーク LTE:B1(2100) / B3(1800) / B8(900) / B19(800)
W-CDMA:B1(2100) / B6(800) / B8(900)
GSM:850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
SIMスロット micro SIM + nano SIM (DSDS対応)
WiFi IEEE802.11 a/b/g/n(2.4GHz / 5Ghz)
Bluetooth Bluetooth 4.1
センサー ・A-GPS/GPS
・Gセンサー(加速度)
・近接センサー
・環境光センサー
・電子コンパス
ジャイロセンサー
その他 指紋認証
・USB Type-C OTG (USB 2.0)
・急速充電対応

上から順に説明致します。

OSが最新Android7.0に対応保証!

先ず、OSですが、Android 6.0 marshmallow(Android7.0 アップデート対応保証)との事です。
Android6は現状最新OSですので、何の問題もありません。また、Android7.0へのアップデート対応保証がついておりますので、安心です。
スマホを長年使おうと考える方がぶつかる問題の一つに、OSのバージョンアップが止ってしまうという問題があります。
OSのバージョンアップデートが止ってしまうと、セキュリティが落ちていくなども問題点もありますが、切実なのが、最新のOSで動くアプリなどを入れても動かす事が出来なくなっていく事です。その為、OSを長い間アップデートしてくれるという事は、それだけ長く利用出来るという事に直結します。

記憶領域とメモリが凄い!

次に、ROMが32GBで、RAMが3GBである点を解説致します。
ROMは記憶領域となります。スマホの中に写真やアプリなどをどれだけ多く保存出来るかはこのROMにかかっています。
通常これまでの1万円台スマホでは、8GB~16GBの容量がせいぜいでしたが、G07は倍の32GBも保存が可能となっています。
RAMは、メモリです。スマホが作業する時に必要となる作業領域のようなものになります。多ければ多い程、沢山の作業を同時に快適に動作させる事が出来る為、スマホの動作を快適にする為に必須の機能が、RAMです。
通常これまでの1万円台スマホでは、1GB~2GBのメモリを詰んでいるものがせいぜいでした。2017年2月に新発売となったPriori4も2GBのメモリです。
このG07は3GBも詰んでおります。現時点で3GBのメモリを詰んだスマホは大体3~4万円以上のものだけとなっておりますので、G07のコスパの良さが分かるかと思います。

画面が大きい!

次に、ディスプレイが5.5インチあります。
これは、iPhone6plusの大きさに相当し、手持ちのスマホの中では、最大級レベルの大きさです。
とにかく大きい画面でスマホを扱いたいという方にとっては最良のサイズではないでしょうか?
また、画面は大きいですが、iPhone6plusと比較しても薄いです。この点もプラス材料と言えます。

ネットワークの対応幅も問題なし!

次に、ネットワークの欄をご覧ください。
LTEのB19(800)W-CDMAのB6(800)を強調させて頂きました。
先ず、LTEのB19(800)についてですが、ドコモの高速LTE(4G)回線を広範囲で利用する事が可能な、LTEプラチナバンドを掴む事が出来ます。
また、W-CDMAのB6(800)についてですが、これはドコモのFOMAプラスエリアという3G回線を拾う事が出来るネットワークになります。都会にお住みの方はさほど恩恵にあずかる機会が少ないかもしれませんが、このFOMAプラスエリアの範囲は田舎ではとても広いエリアをサポートしており、ちょっと人里離れた時に、ソフトバンクやauの電波が入らないような場所でも、FOMAプラスエリアの電波は存在している事が多い程、優秀な電波なのです。
SIMフリースマホの中には、これらの電波を掴めないものもありますが、安心して下さい!G07は問題なく、どちらの電波も掴む事が可能です。

SIMも2枚刺さります!

次にSIMスロットです。micro SIM + nano SIMと2枚のSIMが刺さります。
2枚のSIMを使い分ける事が出来る為、大変便利ですが、最近のSIMフリースマホではデュアルSIM機能自体は珍しくはありません。
このG07の最大の特徴とも言える、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)の特徴については、で解説致します。

センサー系もパワーアップ!指紋認証機能まで!?

最後は、付加価値のようなものになりますが、ジャイロセンサー指紋認証機能がついております。
これまで、中々安い端末にはジャイロセンサーがついていなく、巷で話題のポケモンGOをする際にも、ARモードでのプレイが出来ない機種が多かったです。
このG07には、ジャイロセンサーが標準装備されております。また、これも3万~4万以上の機種にしかついていない事が多い、指紋認証機能がついております。
個人的には初めて、指紋認証機能がついたスマホを利用しますが、はっきり言って便利です。これまではそんなに重要視していなかった機能だったのですが、辞められなくなるかもしれません(笑)

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)って何?

G07の最大の特徴といっても過言ではない、DSDSについて説明致します。
DSDS、デュアルシムデュアルスタンバイと読みます。
デュアルシムというのは、二つのSIMという意味ですね。

前述の通り、二つのSIMが刺さるだけの端末はSIMフリースマホには以外と結構あります。
但しこれまでのデュアルSIM機は、2枚のSIMを刺す事は出来ても同時に使用する事は出来ませんでした

DSDSには、デュアルスタンバイという機能が付く為、これにより、2枚刺したSIMを同時に利用する事が出来ます。(正しくは、1枚のSIMを使用しながら、もう1枚のSIMをスタンバイ状態に出来ます)

この機能、どのような場合に有効化なのでしょうか?

昨今では、MVNO業者により通信費用が安いSIMサービスが沢山出てきました。
但し、MVNO業者の通話に関しては、カケホーダイなどのサービスはありません。
その為、MVNO業者の通信SIMと、DOCOMOなどのカケホーダイSIMを同時に刺す事で、通信SIMでインターネットをしながら、DOCOMOのカケホーダイの電話受信を待つ事が可能になったのです。
勿論、DOCOMOのカケホーダイの電話を利用して発信する事も可能です。

実は私も、DOCOMOの電話機能とOCNモバイルONEの通信機能とをDSDSにより同時利用で使っております。
私の場合は、あまり電話はかけませんので、カケホーダイを外し、FOMAのSSプラン980円とOCNの通信プランを併用しております。
月額は合わせて2,000円程度で、1,000円分のDOCOMO電話と、3GB分の通信が可能なモバイル環境が使えております。

G07のデメリットは?

さて、良い事を沢山書きましたが、G07のデメリットってあるのでしょうか?
私も実際に使い始めて今のところ、特に不満に思った事はありません。
様々な面で満足ばかりなのですが、G07の購入者レビューサイトなどを拝見すると、通話中に通信が出来ないといったような不満が書かれておりました。

でも、通話中に通信なんてしますでしょうか?(笑)
少なくとも私にも必要の無い機能ですが、通話中に通信を頻繁に行うという方は良く調べた方が良いかと思います。

また、このDSDS状態の電話にて、長電話をした際の事でした。
私の機種だけの問題かもしれませんが、30~40分通話した際に、3度くらい途中で通話が勝手に切れました。

正確な時間を計っていたわけではありませんが、おおよそ10分に一度くらいで通話が勝手に切れたのかもしれません。定期的にSIMが切り替わるタイミングなどで、通信が切断されてしまうのでしょうか?同様の問題点がないか検索をかけてみましたが、未だ当G07では似たような情報は出てきませんでした。今後、出てくる可能性はありますね。

良く電話をする人でこのあたりの問題点が気になる方も、良く調べてから検討した方が良いかもしれません。
ちなみに、私は、あまり電話を多く利用する方ではないので、10分に1度切れてもかけ直せばよいので特に問題視しておりません(笑)

G07の総評

長い記事となってしまいましたが、G07グーマルナナ)の総評に入りたいと思います。

先ず、価格です。
19,800円でOCNモバイルONEのSIM付きです。
OCNモバイルONEと契約する方は、実質3,000円引きで購入したようなものですので、端末価格は16,800円という事になりますね。

この価格で、メモリ3GB画面サイズ5.5インチ指紋認証付き、そして、DSDS対応機種
はっきり言います。現時点(2017年2月)では、このスペックに対抗出来る機種はありません。対抗可能な機種は全て1~2万以上高価な機種ばかりになります。

私はこれまで、ドコモのガラケーとSIMフリースマホを2台持ちしておりましたが、このG07のお陰でようやくガラケーを卒業する事が出来ました。
ドコモのガラケーで使用していたSIMとMVNO業者のSIMの2枚刺しで快適なデュアルSIMデュアルスタンバイ機能を満喫しております。

私と似たような使い方を検討中の方で、スマホ価格を抑えたい方はこのG07で間違いありません
DSDSの使い道が良く分からない方は、無理にDSDSを利用しなくとも、1万円台のSIMフリースマホでこれだけの性能がある端末もそんなに多くありません。
画面サイズが大きい方が良いという方は、DSDSを利用する予定がなくともG07で問題ないでしょう。

G07と周辺機器を最安値で購入しよう!

G07ですが、これまでグーの本サイト?でしか購入できませんでしたが、現在は楽天でも購入できるようです。
今後、販売サイトが増えていくといいですねぇ。

尚、OCNモバイルONEのSIMとセットでしか購入できません。
この点で悩まれる方が多いと思いますが、SIMは確かについてくるのですが、契約が必須という訳ではありません。
私もSMS通信SIMを選びましたが、SIMは放置してしまっておりますw
このSIMですが、本来は3,000円くらいするものですので、この際にSIM契約までされる方は、このSIMをそのまま利用出来ます。
OCNモバイルONEは、MVNO業者の中でも十分に最安値級の料金設定、豊富なプランが用意されている優良MVNO業者ですので、この際契約までされてもお得だと思いますよ。

続いてスマホを購入するなら必需品、スマホケースです。
私もこのフレキシブルケースを利用しておりますが、大変便利ですし、使い易いですし、保護の安心感もあるケースです。(メール便で送料無料です)

最後に、G07専用の前面ガラスを保護するフィルムです。
こちらも言わずもがな、必需品ですね。(メール便で送料無料です)
※G07は標準でフィルムがセットされております。
高強度のフィルムが不要な方は、標準のフィルムを使えますので、急いで購入する必要はないでしょう!

シェアする

フォローする